倭のタントラの感動の感想を頂きました。

The following two tabs change content below.
Asami

Asami

(キネシオロジスト) ホンモノ自分で、ホンモノの人生を送ること。 そしてホンモノのパートナーを惹きよせるための 倭のタントラの道をご紹介してます! *NYU IT *The New York School of Homeopathy *クラシカルホメオパシーFCH JAPAN *Integrative Nutrition *Natural Gourmet *Integrated Healing(キネシオロジー)マスター 全米公認ヨガインストラクター

↑ これは2014年の初、大阪のクラスのようすです。(一番下にビデオあります。)

昨日、今年の春のクラスに参加した方からこんなメイルを頂き、どうしてもシェアしたい内容だったので、許可を頂きました。

今までも沢山の感想を頂いてるのですが、なんだか、すごくパーソナルなものが多くて、シェアすることによって、なんか、私達の間で大切にしていたものをさらけ出してしまうような気がしたりして、あまり載せたことなかったんですが、もしかしたら同じような悩みを持って居る方の希望になるのではと思っって伺ったところ、快くお返事を頂けました。本当にありがとう〜!!

彼女は、このクラスに参加したときに、ご自分の女性性と女性器にものすごくコンプレックスを持っていらっしゃいました。どうしても好きになれない。自分の『性』が美しいもの。神聖なもの。とはどうしても思えない。

クラスでそんな話題が出た時に、『じつは私も・・わたしも・・・』と数人の方がこのような悩みを打ち明けてくださいました。

どのような経験から、このような感覚が生まれてしまうのか・・。初体験なのか、ハラスメントなのか、性に対する罪の意識の教育なのか・・・はたまた、子供の頃の何気ない親の言葉なのかとも思ってしまうのです。

『汚いから触っちゃダメよっ!』とかおねしょして怒られたりとか、『恥ずかしい!』とか。愛する子供達を産みだすその神聖な宇宙を、何よりも自分自身が生まれてきたそのルーツを『恥部』と読んでしまう言葉自体考えてみて欲しい。

もっとも『陰』な部分なので、確かに人前で簡単にさらけ出すものではない。だからこそ、そこは、神聖でもっとも大切なテンプルなのに・・。

そんな意識が浸透してくれたら、次世代の子供達は、もっともっと幸せに生きられると思う・・。

シンゾーさん、あさみさんへ

お久しぶりです!
3月の「倭のタントラ1&2」受けさせていただきました。
その節は大変お世話になりました。

感想のメールを・・と思いながら、私にとってあまりに深い体験であった為に
感じきり消化するまでにたっぷり2ヵ月かかりました。

変容につぐ変容といった感じで、まだ2ヵ月しか経っていない事が本当に信じられない位
とても濃密な時間を過ごしていました。

※五行でいいますと、一時期、あまりに「火」が強過ぎた為に、極まり「水」に転じた為、深く自らの内側に入っていったのではないかと思っています。

で、、途中までこの2ヵ月間の流れを感想と共に色々と書いてみましたが結局全部消してしまいました(すみません)

今現在の私は、しばらく囚われていた分離感が消えてしまい、
まぁ時々はやさぐれたりするような事もありますけれど(笑)
周りのものにじわじわと感謝が湧いてくるような穏やかで静かな日々を送っています。

私には全てがあるし、いつでも宇宙に安心安全に守られて抱かれている、

男女という境界も無く(実際にはあるし楽しんでもいますが)
私というひとつの「生命」を淡々と瑞々しくお花のように生きている、

なかなか言葉ではつかみにくいですがそのような感じでしょうか。

以前と変わった事は、より一層、自分と体が愛おしくて仕方なくなりました(もちろん性器も含みます!笑)
今となっては、なぜ長年あんなに悩んでいたのか謎ですが、、
あの時は必死でしたし、そういう自分が可愛らしくもあり微笑ましいですね。

シンゾーさんとあさみさんが、温かくオープンなスペースを創ってくださり、
両手を大きく広げて「安心して自分を開いて飛びこんでいいんだよ~」といった感じで
どっしりと力強く受け止めてくださったお陰です。
だからこそ、怖れと緊張とでビクビクしていたのに、ハラをきめて委ねる事が出来ました。

自らの「チャレンジ」に向き合ったあの時の体感、
そしてシンゾーさんのあの眼差し、今だに鮮明に覚えていますし、この先もきっと忘れられないだろうと思います。
私自身の真の美しさと強さを、優しくも強烈に垣間見せてくださいました。

シンゾーさんとあさみさんにお会い出来たこと、「倭のタントラ」に参加出来たことは私にとって大きな祝福でした。
改めまして、心から感謝いたします。ありがとうございました!

またお2人にお目にかかれます日を今から楽しみにしております♪

日本から愛と感謝をこめて。。。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る