委ねれば宇宙の波に乗れる!ーマウイリトリート報告その1-

The following two tabs change content below.
Asami

Asami

(キネシオロジスト) ホンモノ自分で、ホンモノの人生を送ること。 そしてホンモノのパートナーを惹きよせるための 倭のタントラの道をご紹介してます! *NYU IT *The New York School of Homeopathy *クラシカルホメオパシーFCH JAPAN *Integrative Nutrition *Natural Gourmet *Integrated Healing(キネシオロジー)マスター 全米公認ヨガインストラクター

マウイでの初リトリート・・・
出来過ぎというか・・・
信じられないというか・・・

参加者の一人一人が、主人公で、マウイにて波乗り・・・宇宙の波乗りを
完璧にマスターした・・・!

全員にすごいことが起こったのだけど、まずは恵ちゃんの話から・・。

megumi

話はリトリートの、ちょうど1ヶ月前に戻ります。代官山の蔦屋で、山崎拓巳さんという方をご紹介いただいたときです。

リトリートでも大活躍だったコラボの恵子ちゃんが前々から、『ぜひ、ShinzoさんとAsamiさんに会わせたい人がいるの!』って
言ってたのですが、やっとこの日に会えたんですね。

数え切れないほどのベストセラーを世に送り出してる方です。早速帰りにこの本買いました。


拓巳さんの話・・・は今度ゆっくりと書きたいのですが、とにかくサイコウ〜!!なんていうのか、そう。これよこれ!

宇宙の波に乗ってる人だけが持つ、軽やかさ。

シリアスで、なんでも難しく考えて、すべてを複雑にしちゃう感じが、0パーセント

そして、この日は、朝の代官山で、

『自分のこと好きなら、自分の好きな仕事をなんでしないの?』

って話題で盛り上がってました。

彼は作家としても、自己啓発のリーダーとしても大活躍ですが、最近ではハワイとNYにレストランを
出すとか出したとか?もう、自分の直感だけを信じて、炸裂、ロックンロール♬

ちょっと名前忘れちゃったんですが、その、共同経営者の、Exileのなんちゃらさんと、誰々さんと・・って話をしたその瞬間・・・

『あの・・・・ちょっとお邪魔します。恵ともうします。突然話しかけて申し訳ないのですが・・・』

その日、恵ちゃんは、会社に行くのが辛すぎて、初めて嘘をつき、会社をサボり、こっそりと代官山でお茶をしていたそう。

私たちが朝から、『嫌な仕事やってるなんて、自分が嫌いなのよ!自分が嫌いな人が、日本っていっぱいなのよ!!』なんて話で盛り上がってたおかげで、耳がダンボ。

しかも、拓巳さんが共同経営する、レストランのオーナーさんの元で、1ヶ月働いたことがあるらしく・・・。

『私、普段、こういうことしないんです。でもあまりに・・お話が・・・シンクロしすぎて・・・』

いやいや、すごいね。思い切ってはじめて、自分の好きなこと!つまり会社をサボってみたら!

拓巳さんやShinzoさんを始めとする、私たち、スーパー自由人の大討論会に遭遇 w

ヒキが強いね〜!!

そして、話が進むうちに、私たちが住んでいる場所を聞いてびっくり。

『え?マウイですか? 私、この間あったヒーラーの方に、マウイに行きなさいって。必ず何かが起こりますよって言われたんです・・・。』と。

『ははは。じゃあ、来月のリトリートにどうぞ!』

と言ってはみたものの、その時点では満席だったし、飛行機も予約パンパンだったし・・。

まさか・・・とは思ってたのだけど・・・。

あれよ、あれよという間にキャンセルが入って・・・

結局・・・。本当に来ることに!

しかも、その直後会社に辞表を出して!でも、まだ残りの仕事が終わらなくて、病欠にしたって!!!

『さっすが〜!! そこまで出来たなら、もう始まる前から、波に乗ってる、乗ってる』と空港でお出迎えした瞬間からセレブレーション✨

しかし・・・・しかし・・・・

宇宙が用意していたギフトは、半端じゃなかったんです。

始めの日以外、全部雨の予報・・・だったにもかかわらず、

連日、冗談みたいな快晴。

2日目のハレアカラでは、まさに、月と太陽が同時に空に輝き、大パノラマの中で息を呑むような美しさ・・・。

15134001_1256689087729118_377714665_o

15145061_1256689157729111_1624967277_o
そして、3日目のヌードビーチは、雨のさらに深刻な地域にも、エメラルド・グリーンの海と、エデンの園のような美しいビーチ・・・。

img_3688

数え切れないほどの、ラッキー💕が私たちを待って居たんです。

しかし・・・・しかし・・・・

なんと、19名いた、私たちの団体。このシークレット・ヌードビーチに行く途中に・・・

恵ちゃん・・・まさかの迷子!!

私たちの、誰一人も、そのことに気がつかず・・・。2時間後に、お昼を食べる予定だったホテルで

恵ちゃんに再会して、唖然・・・

『うわーーーーーごめんなさい・・・・ほんとに・・・誰も・・・気がつかなかった・・・。』
まるで神隠しみたいに、ふと全員が消えてしまったんだそうです。

私に電話してくれたみたいだけど、携帯・・・その日に限って、リトリートに置き去り(⌒-⌒; )

ところがね、彼女。泣きもせず、喚きもせず、頑張って2時間、過ごしたそうです。いろいろな人とお話ししながら!

実は、その前日にも、まさかのESTA忘れで、飛行機に乗り遅れた人が居て・・・また今度書きますけど・・。

結局、みんなで彼女を迎えて大ウェルカムしたんです。

『ネガティブな経験を、どうやって転換するか!それは私たち次第!っていうレッスンの直後だったから、

その機会を挑戦だと思って、頑張ったんです。』と恵ちゃん。

よし。こうなったら、もう一度行こう!

私とShinzoさんが再度、ヌードビーチに連れていくことにしました。

『あの・・・私・・・実は水が怖いんです。』『ヌードもちょっと無理だと・・・』

尻込みしてる恵ちゃんを尻目に、私は、さっさと服を脱ぎ捨て、裸で海にジャンプ!

このビーチは海のはずなのに、水がさらさらで、もうありえない気持ちよさ。

私は、ただ、プカプカと(真っ裸で w)波に身体を委ね、浮かんでました。

『あの、どうして浮かぶんですか?』の声にふと、我に帰ると、おおお!恵ちゃんも裸!海の中にいた!
Shinzoさんが『海の中で脱げばいいじゃないか』って言ってくれたんです。そして、脱いだら・・
すごい・・・すごい・・・解放感です・・・。たった一枚の水着なのに!

『ジタバタしなきゃね。浮かぶの。委ねてごらんよ。』と私。

水が怖い・・・と言っていた恵さんが、足のつかない、けっこうな荒波のなか、思い切った!
身体をゆだねて、裸で浮いた!!

『出来た・・・出来た!! ほんとだ!! ジタバタしなきゃ、浮くんですね。怖いから、足を動かしたけど、沈んじゃって・・・。次はなんとかしようと、手を動かしたらまた沈んじゃって・・私の人生・・・いっつもジタバタなんです。これって同じなんですね!』

そう。五行で水は『宇宙』

水は、その流れに身を委ねれば、そっとサポートしてくれる。

宇宙もその流れに、身を委ねれば、(かなり力強く)サポートしてくれる。

倭のタントラのクラスで、何度も、なんども繰り言ってるこのセオリー

彼女は、自分の中から、その答えを見つけちゃった💕

『私、迷子にならなくて、みんなと一緒だったら、絶対脱いでません。水にも入らなかったかも。

でも、ShinzoさんとAsamiさんがわざわざ連れてきてくれた・・・だから、頑張ったんです。そして、迷子になったときもジタバタしないで流れに乗ろうって頑張ったんです・・・』

実は、この後、足を伸ばして、秘境の滝に行こうと思ってたのですが、

時間切れ〜!しかし、帰り道は予想以上に時間がかかり、あの時もし行ってたらどう考えても、夕食には帰りつけなかった・・。

いや、むしろ、恵ちゃんが迷子になってくれたおかげで、よかったかもね・・・と言った途端・・・。

空には大きな虹。カーブを曲がるたびに、息を呑むような虹!虹!虹!

そして最後はダルブレインボー!

images

みんながあまりの美しさに大騒ぎしてました。

『宇宙の流れに従うと、天候までサポートしてくれるんですね!』

ちょっと長くなったので、今日はここまで。

これで終わると思います・・・?

いやいや・・・いやいや・・・いやいやいやいや・・・!!

次回をぜひお楽しみに💕

  1. ハロー!山崎拓巳でーす。
    いゃ〜、またまた
    楽しみでーす。

    • Asami
      • Asami
      • 2016年 11月 21日

      拓巳さん〜!! ありがとう 私も拓巳さんの今後、楽しみでーす。

    • テスト
    • 2016年 11月 20日

    です

    • はは
    • 2016年 11月 20日

    誰でもかけるね

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る