ヘナで消えない眉!-自宅編

eyeblowtatoo_line先週お送りしたヘナで消えない眉!サロン編に引き続き、自宅でもやってみましたのでレポートします!
しかし、その前に・・・先週載せたサロンが間違っていたことに今日気がつき・・・。万が一行って下さって”眉TATOOなんてやってないわよ”と言われてしまった方。ほんとにほんとにほんとにゴメンナサイ!!

先週、店の名前忘れて、Googleマップでオンライン上で歩きながら写真を見て見つけたサロンがそれだと思い込んで、載せてしまったんですまさか一ブロック違いの同じ通りに、おんなじような赤い看板の、おんなじような二階に上がったところにおんなじようなインド人がやってるサロンがあるとは気がつかず・・・。

実は今日、もう一度行こうと思って、自分のブログの住所見ながら、お店を尋ねたところ、なんか雰囲気が違うなあ・・・と。同じようにお尻の大きいおばちゃん筆頭に、6−7人の若いインド人シュレッダーが並んでるんですが、どう見ても私の眉を真オレンジにしたおばちゃん軍団ではないんです。

慌てて周囲を探すとわずか一ブロック先に、先月お世話になった、おばちゃん軍団は別のサロンで働いておりました。(先週のブログはもう修正してあるので、今載ってるのは正しい情報です。大変失礼しました)

そしてですね。今日は割引券がなかったので、正規の値段だったんですが、眉TATOOが15ドル。シュレディングは7ドルでした。うーん。この間のは半額セールだったのか?週に15ドルは、ちょっと高いかもね。やっぱりこれは自分で出来るようになると良いかもです。ちなみに・・今日、金曜日だからか、昼過ぎなのに、このサロンは満員御礼。順番待ちの椅子では足りないほど人が待ってました。ま、とはいっても一人5分くらいだし、シュレッダーは6−7人居るので、たいした待ち時間ではありません。

私はまたシュレッディングと眉TATOOをお願いしたんですけど、先週”グロウチョマルクス”とか珍獣ハンターのイモトアヤコとか、思いのほか話題を呼んでしまった”あの写真”の状態になってからふとまわりを見渡すと、これだけ混んでるサロンなのに他にはだーれもやってないことに気がつきました。

先週会う人会う人に『いや、あの写真笑えましたよ』とか言われたし、3年も音信不通の友達からも『家族で楽しみました』とかメイルが来たり・・・みんな記事はぜんぜん読んでなさそうで、写真の反響がドッと。

そうか・・・みんながそう思ったなら、きっとこのサロンに来てる他のお客さんもそう思ってるに違いない・・・という妙な羞恥心が湧いてしまいました。イモトアヤコ眉になった後、待ち合いの席に向かって歩いてる時も、なんだか他の外人さんが、私をジロジロみてるような気になり、もしかして、”今日サロンで、へんなAsianのおばさんがスゴい眉でさああ”とか、夕食の話題にされるのかしら・・・とか。椅子に座ろうとしたんだけど、雑誌に夢中になってる女の子の鞄が・・・。”Excuse me”って言って、顔あげた途端、吹き出されたらどうしよう・・・などと余計なこと考えてしまったじゃないか。

そして、今日は忙しいからすっかり忘れられたのか?少なくともこの間の2倍の時間は、塗布したままで待たされ、隣の席に新しい子が座るごとに、なんだかうつむき加減になっていた私だったんですが、待たされたことが功を奏し、とった瞬間からちゃんとブラウン眉!
確かに完全に落ち着くまでには3時間くらいかかりますが、そのまんま外にでても、違和感ないくらいな状態でした!

さて、今日は自宅で挑戦!の話を書くんでした。

結果から言うと、これは自宅でも出来まーす。ただし、ちょっとしたテクと、良質のヘナと、それを絞り出すコーンが必要。

まずはじめにいつも愛用のイエメンのヘナを適当に混ぜて、ビニール袋に入れ、端を切って書こうとしたのは失敗しました。髪を染める時は、いつもその場でいい加減に混ぜたのを使ってます。本来なら、前の日に良くねって一晩寝かせて置くべきなんですが、ボディーアートに使うときは、これをきちんとやらないと、キメが荒すぎて、とてもじゃないけど、思うように書けません。

ビニールにつめて、端を切ればいいか〜!なんて思ったんですが、柔らかすぎて上手くいかず、色々調べてたら、ヘナはボディーアートに使うとき、テカテカの折り紙みたいなものを巻いて作るコーンというのに入れるみたいで、これが必要。面倒だったんで、ローワーイーストサイドのインディアンストアで3ドルくらいで買ったすでに練られてコーンに入ったヘナを購入し、再トライ。henna_cone

コーンと、きちんと練られたヘナのお陰で、小さくきった口からスムースにヘナが出るので、今度はなんかうまく行きそうです。

書き方は、シュレッダーのおばちゃんがやったみたいに、まず外側の枠を書き(一番上の写真)

次に、内側を埋めて行きます。出来るだけ厚く塗ることがポイント。
eyeblow_pin

シュレッダーのおばちゃんはもう慣れたもんなので、失敗なしに、一筆書きで、シュルリっと書きますが、私の場合は多少はみ出たりします。そういう時は、ヘアピンがとても役立つこと発見。ヘアピンの後ろの丸いところを使って、はみ出たヘナを削りとってしまいます。
eyeblowtatoo_home

そして、眉の上に置く事約40分。(あ、もう先週の写真みたら、こんな写真、ぜんぜんふつーでしょ?)

これで出来上がりー。
hennafinish

うーんとですね。サロンでやったときよりは出来上がりが薄いですが、初回にしてはまあまあです。(なんか目がよって、変な人みたいな顔してますけど)いまいちの原因は、色々あげられますが、まずはヘナの種類と思います。インディアン・グロッサーリーでたった3ドルで買ったヘナですから、クオリティは低いものだったと思います。
いつもヘアのヘナを買ってるmehndiショップに聞いてみたんですけど、”ボディTatooでもイエメンのヘナより濃く出るものはない”とのこと。あとは、Indigoを混ぜるとかかしら・・・てな答え。

あー。そうだ。今度hennaとIndigoのミックスでやってみようかな。しかし、Indigoは一度髪でイカスミみたいな真っ黒になった経験があるんで、ちょっと怖いかも。イモトアヤコ眉が一週間・・・ってことにもなりかねず・・。

後は、塗り方がちょっと浅かったのと、塗りの角度ですね。今日シュレッダーのおばちゃんにやってもらったヤツと比べると、この微妙なカーブが決めてかもです。

恥ずかしいとか言いながら、また自分で写真撮ってます。

恥ずかしいとか言いながら、また自分で写真撮ってます。


これ仕上がり4時間後です

これ仕上がり4時間後です

塗った瞬間はまたギャグですけど、仕上がりはほれ、この通り。うーんやっぱこうやって比べるとおばちゃんやっぱ上手いですね。ただ、何度かやれば、これは絶対上手くいくとおもいますー。

あ!あと最大の失敗は、サロンでは、落とす時に、濡らさないようにブラシでシュッシュッツととっていましたが、私は水で洗いました。ヘナは水で洗うと落ちてしまうので、これが濃くならなかった一番の原因かもです。

では今度うまくいったらまた報告しまーす。

    • Jade
    • 2013年 12月 02日

    初めまして♪

    私は最近アートメイク(眉)をしたんですが、なんだかイマイチで…( ´△`)
    ココにたどり着きました~(^з^)-☆

    す、スゴい…!!

    コの手があったか!!って感じです…(^^)/
    やってみようかな…。
    それか「ヘナアイブロウ」という商品も見つけましたのでどちらか買おう!と思ってますが…
    すでにコーンの容器に入ってるのは良いですよね!!!

    どちらにお住まいなんですか…?

    • Asami
      • asami
      • 2013年 12月 04日

      お返事遅くなりました。私も色々やりましたが、またアートメイクに戻りました。
      やっぱり楽なもので。。。
      この記事はNYにいたときのものです。今はハワイで、ホノルルのサロンおすすめ
      http://www.salonlehua.com/map/

  1. いやもう。結果とかうまくいったとかいかないとかどうでもいいから、とにかく眉毛ギャグ写真のみひたすら載せてください。
    よろしくお願いいたします。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る