ヘナで消えない眉!-サロン編

The following two tabs change content below.
Asami

Asami

(キネシオロジスト) ホンモノ自分で、ホンモノの人生を送ること。 そしてホンモノのパートナーを惹きよせるための 倭のタントラの道をご紹介してます! *NYU IT *The New York School of Homeopathy *クラシカルホメオパシーFCH JAPAN *Integrative Nutrition *Natural Gourmet *Integrated Healing(キネシオロジー)マスター 全米公認ヨガインストラクター
ヘナとってから約3時間後

↑ ヘナとってから約3時間後

ヘナで眉メーク出来ないのかなあ・・・っていっつも思ってたんですけど、やっぱり出来るんですね。先週ミッドタウンで打ち合わせが終わって、友達と待ち合わせに少し時間があったので、通りすがりのIndian Threadingのサロンにふらりと立寄ました。

アイブロウ・シュレディングってNYでは当たり前のようにどこでもありますけど、日本にはもしかしてない? これがすんごい技術なんですよ。コットン(だと思う)の糸を、あやとりみたいに指にからめ、その端(だと思う)を口にくわえ、眉を一本いっぽん、その糸ではさみ、目にも見えない早さで抜いて行く。あまりに素早いんで、ほとんど痛くないし、ものの5分で両眉が完了。しかもお値段は両眉で6−7ドル!ワックスみたいにケミカルを塗りたくる必要もないし、ピンセットで泣きながら時間をかけて抜くより、よっぽど早いです。この日は、道ばたで配ってた割引券を持って入ったので、ヘナとシュレディングあわせて20ドルくらいだったかな。
だいたいのサロンは、ボス格のお尻のデッカイおばちゃんを筆頭に、若手のスリムなシュレッダー(とは呼ばないとおもうけど)が5−6人居て、3つか4つ並んでる椅子にのけぞりに座らされて、自分で眉の上と下をびよーんとひっぱりながら、糸をからませやすいように押さえ、その上を、エステシャンがものすごいスピードで一本いっぽん抜いて行く。口でその糸を上手に操る姿は、まるで鶴の恩返しの鶴が旗で織物をしてるような独特な首の滑らかな動き。子供の頃からトレーニングされたに違いないです。

eyebrowthreadingsalon全てのシュレディングのお店で、ヘナの眉毛TATOOをやってくれるかどうかは知らないんですけど、私がたまたま入った、7th Avenueの34/35ストリートの間にあるEye Brow threading Salon(名前そのまんまです)で聞いてみたら、なんとやってた!しかも15分くらいで出来ちゃうっていうから『ええ。じゃ、なんかケミカル入ってるんでしょう?』と聞くと。『ノーノー。うちでミックスしてる100%天然のヘナよ』と言い張るおばちゃん。ならモノは試しでやってみるか・・・

慣れた手つきで鶴の恩返しの様に首をくねらすインド人のシュレッダー(?)

↑ 慣れた手つきで鶴の恩返しの様に首をくねらすインド人のシュレッダー(?)

さて、待ち時間15分と言われたのに、携帯で自分の顔を何回か撮ったりとかしていると(この顔で、かなりバカっぽいです)、10分もしないうちに、”come,come!”と鶴の恩返しのおばちゃんに呼ばれ、眉についてたヘナを拭き取られたのはいいんですが・・・・

あのー眉が真オレンジなんですけど・・・。

しかも、眉毛のない部分、眉間にかけても1センチくらいはみ出てオレンジ色に染まってるので、ちょっと怪しい感じです。

店の人が、”オー。ビューティフル。グレート!!』って絶賛してるけど、私が見るとただの変な人にしか見えない・・・。眉毛の上に、蛍光ペンのオレンジを塗ったみたいです。不安を隠しきれない私の表情を見て、鶴の恩返しおばちゃんが、『Don’t worry, don’t worry これは明日になればキレイなブラウンになるから』っていいながら、上からブラウンのペンシルで、グイグイと眉を書いてくれたんですけど、その下のオレンジはもう隠しきれません。

案の定、待ち合わせしてた友達には爆笑されましたけど、ああ。ニューヨークで良かった。これが銀座のど真ん中どかだったら、相当変な人です。でもニューヨークなんて、眉が真ムラサキだろうが、緑だろうが、誰も気にも留めないし、こんなのふつう・ふつう。と自分に言い聞かせましたが、内心、このまま眉がオレンジだったら、どうなるんだろう?とか、落ち着いた色になるって言ってたけど、塗った直顔みたいな濃い色になっちゃったらどうしよう?とか結構不安で、5−6年前にアートメークをした直後の海苔みたいな眉毛を思い出しました。

アートメイクはそれはそれは便利だけど、TATOOの入れ過ぎで肝臓壊して死んだっていう友達のおじさんを思い出すと、もう一度やるには気が引けるし、なんといってもあの直後の海苔眉毛。

6年前のあの日は、日本で君島十和子さん御用達・・・という評判のアートメイクのプロに頼んだので、今日みたいな不安はなかったんですけど、直後の顔はやっぱりノリが二枚目の上に乗ってます。
しかも、帰る直前の日を選んで、もう誰にも会わないつもりだったのに、親友の亜子ちゃんに『フィアンセをどうしても紹介したいから最後に会おう』といわれ、仕方なく、その顔のままで会う事に・・・。

会った瞬間に『あ。普段はこんな怖い顔じゃないんです』って言い訳しながら人に会うあのやりきれない気持ち・・・。

彼も言葉を失って、偶然か、思いやりか?すごーい暗いバーに連れていかれたような・・。

いや、そんな想いがグルグルと頭を巡っていましたが、そのうちにすっかり開き直ってお喋りに夢中になっているうちに『あれ、なんかマシになってきたわよ』との友人の言葉。そう。2時間もしたときには、ちょっと薄めの茶色に変ってて、3時間もしたら色は定着。翌朝はさらにちょっと濃くなってて、見事なブラウン眉に変身致しました〜!!
mayutatoodayafter

あの染まり方の過程からすると、たぶんホントにヘナ100%なのでしょう。ただ、後からインターネットで調べたところ、ヘナを売っているショップでも顔や眉には推奨しない・・・と書いてあるところもあります。

ヘナはリラクゼーション効果や、薬用で頭などに使うくらいですから、安全なのはまちがいないとは
思うんですが、そんなことで、100%保証は出来ないです。ごめんなさい。

ただ、アートメイクや、わけのわからない化粧品を顔に塗りたくるよりは安全なのではと思ってます。
また新しい情報が入りましたら、アップデートしますね。

ちなみに効果は約1週間持続しました。来週は、ヘナのアートメイク、自分で挑戦!をお送りします。お楽しみに。

    • yuki
    • 2010年 5月 07日

    あさみさんの写真、超笑えるんですが。。。。
    やっぱりTatooて体に悪いんでしょうか?つうかいいわけないですよね。でも、日本のやくざとかあんなに長年やってるものだから致命的じゃないと思うんですけど、今度まゆTatooするとき考えちゃうな。。。

    • totoro
    • 2010年 5月 07日

    こんにちは。先日は私の還暦(60歳の誕生日)への、お祝いのお便りほんとにありがとうございました。想いもかけないお心使いに、とっても嬉しくまた感謝の気持ちで一杯です。

    所で以前から一度体験談としてお話ししておきたいと思いつつも、すっかりこちらのお化粧品とはご無沙汰してるので、書き込みしないでおりました。が、最近また新たな体験がありましたので、ここで御知らせを思いまして書き込んでおります。

    “Deep Cleansing Dream(Lemon)”ですが、まだ買い置きがあって時々使っています。その使い方ですが、顔に使うのではありませんで、ちょっとすりむいた時とか、そんなような軽いお肌のトラブルの時に塗ると、薬を塗るよりずっと早く安全に良くなるのです。

    で、今回は左耳の後ろに小豆ぐらいの大きさで、腫れ物が出来ていました。何時から出来てたのかは解らないのですが、すぐこのCleansing Creamを塗りました。翌日にはかなり小さくなって、続けて毎日塗っていますが、今ではごま粒ぐらいに小さくなってきています。この間2週間ぐらいです。 

    もうすぐ完全になくなるか、最後はまあ小さいのが残ってしまうか解りませんが、今までで一番大きな体験なものですから、御知らせしときたいと思いまして一筆致しました。

    お化粧品としてもとっても良い効果がありますが、こうやってその他のお肌のトラブルにも大きな効果があります。皆さんも是非やってみてください。

    • プリリイ
    • 2010年 5月 06日

    はじめましてです!

    ホリスティックな生活が大好きな東京在住者です
    ローフード検索からたどりつきました

    ASAMIさんのやってらっしゃること、全てに共感しています!!

    昨年は家族でボストンに在住してましてNYもちょこちょこ行っていたので あ~あのときにASAMIさんと会いたかったな~と残念がってる私です

    共通点がかなりあって
    日本の出身大学(私は観光学科でした)
    元CA(私はJ社)
    そして!私はSPの愛用者です(友人たち向けにお手入れ会をやってます)

    という感じで ちょっとびっくり!です

    これから ブログ他 どんどん 読ませていただきますね♪

    よろしくお願いします

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る